ニキビ跡は恋愛にも影響する

思春期に入ると、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

何故、思春期に入るとニキビが出来やすくなるのかと言いますと、
皮脂の分泌が過剰になってしまうからです。

 

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうことで、
毛穴ではニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖してしまうのです。

 

結果、ニキビとなってしまって肌に炎症を起こしてしまったりします。
ニキビが大きくなればなるほど、ニキビ跡も出来やすくなってしまいます。

 

思春期ともなれば異性と恋愛することも多く、
ニキビやニキビ跡は非常に気になってしまいますよね。

 

ニキビ、ニキビ跡を作らないようにするには、
基本的には洗顔とスキンケアをきっちりとしていくことが重要です。

 

 

洗顔をする時には、ニキビ専用の洗顔フォームを使うようにしたいですね。
皮脂の洗浄力があり、殺菌効果、抗菌効果のあるものが望まれます。
洗顔をしっかりとした後には、化粧水などをつけていくようにするとベストです。

 

女性の方であれば、肌に潤いを持たせる為に、
化粧水の後には美容液などをつけると良いですね。

 

この時に、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液を使うと効果的です。
ビタミンC誘導体には、肌を活性化させる効果があり、
ターンオーバーを促進してくれます。

 

ターンオーバーは肌を生まれ変わらせてくれる機能なのですが、
多くの要因によって乱れてしまいます。

 

ストレスや睡眠不足、食事の影響などを受けやすく、
生活習慣を整えていくのもニキビ対策には有効です。

 

ニキビ跡にしても、ターンオーバーがきちんと行われていくことで、
自然と解消することが出来ます。

 

特に、ニキビが沢山出来てしまうと言った方は、
食事の内容を見直しておきましょう。

 

糖分や脂質は、
ニキビの原因である皮脂の分泌を促進させる効果があります。

 

ニキビが出来やすい時には、
甘い物や脂質を沢山含んだ物は避けるようにしておきましょう。

 

反対に、ビタミンA、ビタミンCは多く摂っていきたいですね。
緑黄色野菜や果物などを積極的に食べるようにしていきましょう。

 

また、大豆製品も肌にとって
とても良い影響をもたらしてくれますのでお勧めです。