クレーター状になったニキビ跡を治す方法とは?

クレーター状になってしまったニキビ跡を治す方法には、
どんな方法があるのでしょうか?

 

肌がクレーター状にへこんでしまうニキビ跡は、
ニキビそのものが悪化してしまった時に出来やすいものです。

 

一番の対処方はニキビが小さい内に、
適切な処置をしてニキビを大きくしないことです。

 

まったくニキビを作らないようにするのは難しいと言えます。

 

そこで、ニキビが出来てしまっても
大きくしないようにする努力が必要となってきます。

 

ニキビを作らないようにするには、
毎日のスキンケアなどをしっかりと行っていきましょう。

 

 

それでは、クレーター状になってしまったニキビ跡を
治す方法を紹介していきます。

 

ニキビ跡が出来てすぐや出来て数年くらい経っている、
と言った時には比較的に治しやすいと言えます。

 

クレーター状のニキビ跡であっても、
ニキビ跡が目立たないくらいには回復させることが出来ます。

 

セルフケアで対処していくのであれば、
ともかく皮膚を再生させていかなければ話になりません。

 

クレーター状に肌がへこんでしまうのは、
白血球の働きによって皮膚の組織が破壊されてしまったからです。

 

そこで、肌の新陳代謝である
ターンオーバーを促進していくようにしましょう。

 

ターンオーバーを促進させるポイントは2つあります。

 

 

1つは、食事や化粧水、美容液などから
ターンオーバーを促進する成分を摂っていくことです。

 

ターンオーバーを促進する効果を持っていることで有名な成分は、
ビタミンCやプラセンタなどがあります。

 

ビタミンCが配合された化粧水や美容液を使う場合は、
ビタミンC誘導体配合となっている物を選びましょう。

 

プラセンタはほ乳類の胎盤から抽出された成分で、
サプリメントなどで販売されています。

 

食事から摂るのであれば、
緑黄色野菜や果物から摂取すると良いですね。

 

 

もう1つのポイントは、生活習慣です。

 

特に夜は早く寝るようにしましょう。
具体的な時間を出しますと、
夜の22時までには就寝するようにして下さい。

 

遅くとも24時までには、眠るようにしましょう。