ニキビ跡の治療にはどんな方法がある?

にきび後の治療には、どんな方法があるのでしょうか?
ニキビ跡を消したいと考えた時に、取れる方法は2つあると言えます。

 

1つは、自宅などでニキビ跡を消していくことになるセルフケアです。
もう1つは、病院やエステサロンなどで行うニキビ跡の治療です。

 

ニキビ跡の治療をする場合でも、セルフケアに近い方法もあります。

 

 

市販されている外用薬を利用していく方法と、漢方薬を用いた方法ですね。

 

皮膚科などで処方される外用薬を用いる方法も、
セルフケアに近い治療だと言っても良いでしょう。

 

ニキビ跡の治療となりますと、
美容外科やエステサロンなどで行われるピーリングが有名です。

 

肌の表層面にある古い角質層を、
化学薬品などを使ってピーリングしていく治療法です。

 

ピーリングは、ニキビ予防の対策にもなりますし、
ターンオーバーを促進させる効果もあって、ニキビ跡の治療にも有用です。

 

他にも、美容外科で行われるレーザー治療器を用いた方法や、
イオン導入といった方法も有名です。

 

 

いずれの治療方法を選ぶにしてもメリットデメリットはありますし、
どんなニキビ跡でも治療出来るのかと言えば、そうでもありません。

 

特に、クレーター状に肌がへこんでしまうケースのニキビ跡は、
治療をしても完全に治すのは難しいでしょう。

 

セルフケアとニキビ跡の治療の大きな違いとしては、
即効性が求められるか否かだと言えます。

 

ニキビ跡の治療に関しては、
治療をしてすぐに効果が認められるものも多くありますので、
自分にあった治療方法を利用するようにしたいですね。

 

特に敏感肌の方の場合は、
ニキビ跡の治療ですと肌が荒れてしまうことも多いです。

 

薬剤などを塗布することで、
肌がかぶれてしまうなどの副作用を起こすこともあるので注意しておきましょう。

 

なるべく副作用なく改善していきたいのであれば、
漢方薬を利用したり生活習慣や食習慣を改善していくと良いですね。

 

即効性はありませんが、
体質そのものを改善していきますのでニキビそのものも出来にくくなるはずです。