ニキビ跡対策の基本的な方法とは?

ニキビ跡対策には、どんな方法があるのでしょうか?

 

ニキビ跡を治していくには、
基本的にはターンオーバーを促進していく必要があります。

 

ターンオーバーは、肌の生まれ変わりでもありますので、
肌を再生していく為には欠かせないものです。

 

身体の奥から、
新しい肌が生まれてくるのを助けるようにしていくことが
ニキビ跡対策には大切なことです。

 

 

では、肌の新陳代謝を促進させていくには、
どんな方法があるのでしょうか。

 

 

基本としては食事です。
毎日の生活を少しずつ改善していくようにするのは
必須だと言えますね。

 

特に食事は1日3回摂るものですから、
栄養のバランスが取れた食事を摂るようにしていきましょう。

 

緑黄色野菜や果物は特にお勧めです。

 

また、大豆製品を摂るのも有効だと言えます。

 

大豆に含まれているイソフラボンは
多くの化粧品などにも配合されていますので、
御存知の方も多いでしょう。

 

イソフラボンはアンチエイジングの効果などもある上に、
女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれます。

 

このことから、イソフラボンには
ホルモンバランスを整える効果があるとされているのです。

 

月経前など、ホルモンバランスが不安定になってしまいがちな時にも、
ニキビは出来やすくなりますので大豆製品を摂っておきたいですね。

 

大豆製品としては、納豆、豆腐、豆乳、味噌、きなこ、などがあります。

 

近年では大豆のたんぱく質を取り出して、
お肉の代わりに使うことができるタイプの食材も販売されています。

 

また、ターンオーバーを促進するのであれば、
睡眠もまた欠かせない要素となります。

 

特に肌のゴールデンタイムとも呼ばれている、
22時〜26時の間は成長ホルモンが多く分泌されます。

 

この時間にしっかりと就寝することで、
ターンオーバーも促進されていきます。

 

他にも、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水や
美容液を使うのも有効的な方法です。

 

ビタミンC誘導体には、
ターンオーバーを活性化させる以外にも
美白効果やアンチエイジングの効果がありますので、
美肌を目指している方には欠かせない成分だと言えるでしょう。