ニキビ跡!色素沈着とはどういう状態なの?

ニキビ跡に出来る色素沈着について、書いていきましょう。

 

ニキビを治したとしても、
ニキビの跡が茶色や紫色のくすみとなってしまうことがあります。
この状態を色素沈着と言います。

 

色素沈着の色や状態と言うのは、
ニキビが出来ることで皮膚が受けてしまったダメージによって異なってきます。

 

色素沈着で多いケースですと、
紫や赤黒いようなくすみが残ってしまうケースがあります。

 

紫や赤黒いくすみが出来てしまう原因は、
血液の中にあるヘモグロビンが関係していると言われています。

 

ヘモグロビンは血液の中で酸素と結合して、酸素を運んでいる物質です。

 

このヘモグロビンですが、
酸素を失ってしまうことで赤みを失ってしまうと言う性質を持っているのです。

 

 

つまり、皮膚組織に血液がしみこんでしまった部分の
ヘモグロビンの色が変化してしまった結果、
紫から赤黒い色素を残して沈着してしまうのです。

 

色素沈着の初期段階と言われている茶色のくすみは、
メラニン色素が関係していると言われています。

 

本来であれば、メラニン色素は紫外線など
外部からの刺激から肌を保護する役割を持っています。

 

しかし、ニキビが出来てしまった時には、
活性酸素の影響によって茶色の色素となってしまうのです。

 

色素沈着が起こってしまった肌を治していくにはどうすれば良いのかと言いますと、
メラニン色素の除去や皮膚の新陳代謝を高めていくことが重要とされています。

 

ターンオーバーを活性化したり、
メラニンの除去を考えた時にはビタミンCやプラセンタなどが有効です。

 

 

また、自分でのケアだけでは色素沈着が改善出来ないのであれば、
美容皮膚科などに相談するのも良いでしょう。

 

ピーリング、レーザー治療、イオン導入など自宅では出来ない治療をしてくれます。

 

色素沈着も厄介なものになりますとなかなか消えてくれませんので、
気になる時には医療機関での治療も視野に入れておくと良いですね。

 

即効性も期待出来ますので、
すぐにでも治療したい方は医療機関で相談してみると良いでしょう。