ニキビ跡を化粧で隠すという方法もあります

ニキビ跡を隠していく化粧の方法について、書いていきましょう。
ニキビ跡を治していくのは良いのですが、どうしても時間がかかるものです。

 

そこで、ニキビ跡が出来てしまった時には、
普段のお化粧で隠そうとする方も多いですよね。

 

お化粧で隠しつつ、
ニキビ跡の対策を取っていくことでうまく解消することが出来ます。

 

先ず、ニキビ跡の中で最も厄介なケースが、
クレーター状にへこんでしまったケースです。

 

無理に肌の凹凸を隠そうとして、
カバー力の高いリキッドファンデーションなどを使って、
肌のへこんだ部分を埋めようとする方も多いでしょう。

 

しかし、この方法では化粧が厚ぼったくなってしまって、
余計に不自然になってしまいます。

 

そこで、先ずは化粧下地で隠してしまう方法を使っていきましょう。

 

 

どんな化粧下地を使えば良いのかと言いますと、
毛穴隠し用の化粧下地です。

 

毛穴隠し用の化粧下地を使うことで、
肌に凹凸がある部分もつるっとして目立たなくしてくれます。

 

その上でフェイスパウダーなどを使って、
光を拡散するようにすると良いですね。

 

フェイスパウダーは、全体メイクの仕上げに使って下さいね。

 

ニキビ跡に色素沈着が起こっているような時には、
コンシーラーを使って隠すのが一般的です。

 

コンシーラーを使ってのニキビ跡を隠すポイントとしては、
ファンデーションとコンシーラーをつける順番です。

 

先にファンデーションをつけてからコンシーラーをつけると、
勘違いしている人も少なくありません。

 

ファンデーションを先につけてしまうことで、
化粧全体がのっぺりして見えるようになるので先にコンシーラーをつけて下さいね。

 

コンシーラーをつける時には、ニキビ跡にぽんと乗せるだけです。

 

そして、ニキビ跡の周辺部分だけをぼかすようにしていくのがポイントになります。

 

少し上で触れましたファンデーションですが、
ファンデーションの選び方もありまして、
ニキビ跡を隠すにはカバー力が高い
リキッドファンデーションを使う方も多いかもしれませんが、
パウダーファンデーションを使うようにして下さい。

 

何故かと言いますと、リキッドファンデーションは、
毛穴に詰まりやすくニキビを再発させやすいからです。