ニキビ跡!クレーター状の肌のへこみは、どのようにして出来るの?

ニキビ跡に出来てしまうクレーター状のへこみ。
この肌のへこみは多くの人が悩んでいると言っても良いでしょう。
このクレーター状の肌のへこみは、どのようにして出来るのでしょうか。

 

クレーター状のニキビ跡が出来る原因は、
初期段階のニキビと言われている白ニキビのケアに失敗したことだ、
とされています。

 

白ニキビ、と言うのはニキビの初期段階であり、
肌の表層部分に出来たニキビになります。

 

この白ニキビを無理に潰してしまったりすることで、
皮膚に炎症が起こってしまったり、化膿してしまうのです。

 

結果、白血球が肌の組織を壊すことで、
炎症が広がることを防いでしまうことによって、肌がへこんでしまうのです。

 

クレーター状のへこみとなってしまったニキビ跡は、治り難いと言われています。

 

決して治らないことはありませんが、
他のニキビ跡と比較すると治り難いのは事実です。

 

クレーター状の肌のへこみが出来てしまっても、
新陳代謝を高めていくことで肌は再生されていきますので、
治り難くはありますが治すことは不可能ではありません。

 

クレーター状のへこみが出来てすぐ、
若しくは数年くらいの期間が経過しているのであれば、
専用のケア用品を使ってケアをしていきましょう。

 

ニキビ用の洗顔フォームを使ってしっかりと洗顔を行い、
ビタミンC誘導体が配合された化粧水などを利用することで、
肌の新陳代謝を高めていくことが何よりも大切です。

 

すぐに治ることはありませんが、根気強く継続してケアをしていくことで、
少しずつ肌が再生してくると言っても良いでしょう。

 

セルフケアで治療していくのが、難しい時には
美容外科や美容皮膚科などにかかるのも1つの方法です。

 

ケミカルピーリングやレーザー治療など、
セルフケアでは出来ないような治療方法もありますので、
検討してみると良いでしょう。

 

ただし、即効性なども期待出来るだけに、
副作用が起こることもありますので覚えておいて下さい。

 

敏感肌の方などは、治療を受ける前に医師と相談しておくと良いですね。