コンシーラーで隠すにはどうすればいいの?

ニキビ跡をコンシーラーで隠すには、どうすれば良いのでしょうか?
ニキビ跡を治していくと言っても、時間がかかってしまうものです。

 

 

そこで普段の生活の中では、
ニキビ跡を出来るだけ隠したいと考える女性も多いようですね。

 

コンシーラーを使って、
うまくニキビ跡を隠していく方法を紹介していきましょう。

 

コンシーラーと言っても幾つかのタイプがありますので、
タイプ選びからみていきましょう。

 

液状や、スティック状の物、練りタイプの物などなど、
コンシーラーにも種類があります。

 

この中から、どのコンシーラーがニキビ跡を隠すのには最適なのかと言いますと、
スティックタイプか、練りタイプの物になります。

 

スティックタイプ、練りタイプのコンシーラーはカバー力が高いので、
ニキビ跡隠しにはどちらかを使うようにしましょう。

 

では、実際にニキビ跡を隠す為のポイントに移ります。

 

コンシーラーを用意しまして、
1度だけで良いですのでニキビ跡の上にトン、とのせて下さい。

 

ここからが重要なポイントになります。

 

コンシーラーを使う時に、多くの人は全体を伸ばして使っていますよね。

 

しかし、ニキビ跡を隠す時に、
全体的に伸ばしてしまっては違和感が出てしまいます。

 

飽くまでも自然な感じを演出したいのであれば、
トン、とニキビ跡にのせたコンシーラーの周囲だけを
ぼかしていくようにして下さい。

 

周囲との境界をぼかしていくようにすることで、
自然とニキビ跡を隠すことが出来ます。

 

あまり何度もやってしまいますと、
かえって不自然になりますので、
上手く出来るまでは何度か練習すると良いですね。

 

全体にコンシーラーを伸ばしてしまうことで、
全体的に厚ぼったくなってしまいますので注意が必要です。

 

最後に、フェイスパウダーを上からはたくようにすれば、
完璧な仕上がりになるはずです。

 

ニキビ跡を上手く隠すことが出来るようになれば、
普段はあまり気にしなくて済みます。

 

その間に、食事や生活習慣、
スキンケアなどを根気強く続けていき、
ニキビ跡を治していくと良いですね。