ニキビ跡と毛穴との関係性について

ニキビ跡と毛穴にはどんな関係があるのでしょうか。
ニキビが出来る原因から、考えていきましょう。

 

ニキビが出来る原因としては毛穴の詰まりにあります。
毛穴が詰まってしまうのは皮脂が大きく関係しています。
特に思春期には、皮脂が過剰に分泌してしまうものです。

 

そもそも皮脂には肌を保護したり、
保湿の役割を持っているものです。

 

しかし、過剰に分泌されてしまうことで毛穴に詰まってしまうのです。

 

皮脂はその字の通りに、油ですから粘着性があります。

 

皮脂が毛穴に詰まってしまうことで
肌の古い角質や産毛、ほこりなども一緒に詰まってしまうのです。

 

この毛穴に詰まってしまった皮脂などの塊を角栓と呼んでいます。

 

詰まってしまった毛穴の中に角栓が出来ることによって、
ニキビの原因菌とされているアクネ菌が繁殖してしまいます。

 

これがニキビが出来てしまう理由です。

 

アクネ菌が繁殖することで炎症を起こしてしまったり、
膿が出来てしまったりします。

 

 

ニキビを治してもニキビ跡が残ってしまうのは、
この炎症や膿が出来てしまうことに原因があります。

 

また、皮脂が詰まってしまうことで毛穴が広がってしまう可能性が出てきます。

 

毛穴の広がりは女性なら気にしてしまうのではないでしょうか?
毛穴を詰まらせないようにするには、なんと言っても洗顔は欠かせません。

 

正しい洗顔を行っていくことでニキビやニキビ跡の対策になるだけではなく、
毛穴の広がりの対策にも繋がります。

 

正しい洗顔に必要なことは皮脂を落としやすくする為に、
ぬるま湯で洗顔を行うことです。

 

洗顔フォームや石けんなどは、しっかりと泡立ててから使う、
と言うことが大事なことになります。

 

肌を優しく洗った後は、洗い残しがないように何度も濯ぐようにして下さい。

 

洗顔後には化粧水や美容液を使って、
スキンケアをしていくとさらに効果的です。

 

化粧水や美容液には、
ビタミンC誘導体が配合されているものを使うと良いでしょう。

 

保湿をして、肌の潤いを保つことはニキビ跡を消すには大事なことだからです。