ニキビとの違いとは?

ニキビとニキビ跡について、書いていきましょう。
ニキビが出来てしまうのを嫌う人は多いですよね。

 

その理由の1つが、せっかくニキビが治っても
ニキビ跡が残ってしまうからではないでしょうか。

 

全てのニキビがニキビ跡になる訳ではありません。

 

ニキビの中でも炎症を起こしてしまって、
膿が溜まってしまうような状態のニキビが出来てしまうと、
ニキビ跡を作る原因となってしまいます。

 

 

ニキビ跡には大きく分けると、
2つのケースに分けることが出来ます。

 

1つはニキビが炎症を起こしてしまったことで、
肌の奥に赤みが残ってしまうタイプです。

 

色素が沈着してしまうことで肌に赤みが差して見えるのですが、
こちらのケースであれば比較的に治しやすいと言っても過言ではありません。

 

時間の経過とともに自然と解消されるケースも珍しくなく、
毎日のスキンケアなどで対処していくことが出来ます。

 

ポイントは洗顔をしっかりとすることと、
美白成分であるビタミンC誘導体が配合された化粧水や
美容液を使ってケアしていきましょう。

 

 

また、生活習慣が乱れていることや食生活が荒れているといった時には、
ニキビも出来やすくなってしまうので注意が必要です。

 

ニキビ跡を消したい時には、生活習慣を整えていき、
食生活も栄養のバランスが取れた食事を摂るようにしましょう。

 

 

もう1つのタイプですが、クレーター状に肌がへこんでしまうケースです。

 

こちらのケースは、とても治り難いと言っても良いでしょう。

 

クレーター状のニキビ跡を作らない為にも
ニキビが出来た時には潰さないようにして、
出来るだけ肌を清潔に保つようにするなど
ニキビを大きくしない努力をしていくと良いでしょう。

 

ニキビ跡を作らない為には、
ともかくニキビを出来るだけ作らないようにすることがポイントだと言えます。

 

ニキビを作らないようにするには、
毎日のスキンケアは勿論のこと食事にも気をつけると良いでしょう。

 

特に皮脂を多く分泌させる糖分と脂質の摂取は気をつけておきたいですね。

 

細胞を活性化させる効果のある、
緑黄色野菜や大豆製品、果物などは積極的に摂るようにしましょう。