皮膚科でのニキビ跡治療はどんなものなの?

皮膚科で受けることが出来るニキビ跡の治療には、
どんなものがあるのでしょうか?

 

皮膚科と言っても、
近年では美容皮膚科と呼ばれる診療科目があります。

 

美容皮膚科では様々な肌の治療を行っており、
勿論のことニキビ跡の治療も行うことが出来ます。

 

 

最も代表的な治療法としては、ピーリングがあります。
ピーリングは、肌表面の角質を薬剤や
レーザーなどを使って剥がしていく治療法です。

 

次の治療法としては、レーザー治療があります。
患部にレーザーを照射することによって治療していきます。

 

高周波、光周波による治療もあります。
特殊な波長を持っている光や、
光周波を患部にあてることで皮膚トラブルを治療していきます。

 

その他の治療法としては、
イオン導入といった治療方法などもあります。

 

 

ニキビ跡に関しては、
市販されている薬よりも効果の強い薬を処方して貰うことも出来ます。

 

しかし、効果が高い分、副作用があったりなどのデメリットもあります。

 

 

以上が、主な美容皮膚科でのニキビ跡の治療方法となります。

 

 

即効性があるものも多く、
短期間でニキビ跡を治療したいと言った方には、お勧めだと言えます。

 

ニキビ跡を消したい、と考えているのであれば、
セルフケアで対応していくことも可能です。

 

ですが、上述でも少し触れたように、
セルフケアでは皮膚科の治療のような即効性を望むことは出来ません。

 

根気よくスキンケアを続けていったり、
肌の新陳代謝を促す生活習慣などに改善していくことが必要となります。

 

思春期でニキビが沢山出来ると言ったような時には、
皮膚科を訪れてみるのも良いでしょう。

 

皮膚科での治療が合わないと言ったような方もいらっしゃいますので、
先ずは相談してみると良いですね。

 

敏感肌など肌が弱い方ですと、
皮膚科での治療がかえって肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。

 

そうした点も含めてしっかりと相談することで、
皮膚科でも対応してくれるでしょう。

 

仮に相談してもきちんと対応してくれなかった時には、
別の皮膚科に移るなどをしておくと良いですね。