赤みとニキビ跡についての詳細

ニキビ跡に赤みが残ってしまうケースがあります。

 

ニキビ跡としては、この赤みが残るケースは
比較的軽症だと言っても良いでしょう。

 

肌にニキビの炎症が残っている場合、赤みが残ってしまいます。

 

炎症が静まれば自然と解消されることも多く、
稀に赤みが残ってしまう場合があります。

 

赤みが残ってしまった時には、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

基本的には肌の新陳代謝を高めて、
肌を生まれ変わらせていくことで解消することが出来ます。

 

その為にも肌の新陳代謝である、
ターンオーバーを活性化させていくようにしたいですね。

 

ターンオーバーを活性化させるには幾つかの方法がありますので、
出来るだけ多くの方法を併用していきましょう。

 

身体の外側から出来ることとしては、
肌を活性化させる効果のある成分を肌に浸透させていく方法です。

 

ビタミンC誘導体やプラセンタなどが代表的な成分です。

 

プラセンタはほ乳類の胎盤から抽出された成分で、
とても多くの美容効果を持っている成分です。

 

ほ乳類の胎盤から抽出される成分ですので、
人間の胎盤からも抽出することが出来ます。

 

しかし、人間由来のプラセンタは医療用でしか利用出来ません。

 

 

一般的なサプリメントなどで使われているのは、
豚や馬のものになります。

 

一昔前までは、牛のプラセンタが一般的でしたが、
BSE問題が起こって以降は使われなくなっています。

 

ビタミンC誘導体は、
ビタミンCを肌の奥にまで浸透させるように開発された成分となります。

 

いずれの成分も細胞を活性化させる効果がありますので、
効果に期待出来るのです。

 

身体の内側からと言うのは、成長ホルモンを分泌させることです。

 

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるもので、
22時から26時の間に最も分泌されると言われています。

 

この22時から26時の時間帯は、
肌のゴールデンタイムとも呼ばれていますので御存知の方も多いでしょう。

 

肌の新陳代謝を考えるのであれば、
出来るだけゴールデンタイムには就寝するようにしておきたいですね。

 

遅くとも24時までには就寝できるように心がけておきましょう。